イベント情報 of 千住すみだ川

第6回 南千住ぶらり下町音楽祭

スクリーンショット 2016-09-18 12.10.02.png

「南千住検定 THE FINAL」

kentei_omote.jpg

ホームページ上からもご購入できます。下記の購入フォームより氏名などを記入してください。
LinkIcon改訂版「歩いて学ぼう!南千住検定」購入フォーム

また、試験・講座の受付は下記の申し込みフォームよりお願い致します。
LinkIcon南千住検定受験者申し込みフォーム

「南千住百物語」
まち歩きiPoneアプリケーション 一般公開

 2012年10月に始まった「隅田川妖怪絵巻」プロジェクト。まち歩きやワークショップを重ねながら、南千住界隈の「小さな物語」が少しずつ浮かび上がってきました。忘れ去られつつあった「片目の緋鯉」の伝承も、今ではちょっとしたご当地キャラになりつつあります。ジョイフル三の輪商店街では、この地にかつてあった弁天池の記憶を受け継いでいく活動も始まりました。一方で、物語を育んできたまちの風景は刻一刻と変化し、往時の姿を思い描くことはますます難しくなっています。そんなまちの中で「もうひとつの世界」を想像する手助けをするためのスマートフォン用のアプリが開発されました。その名も「南千住百物語」です。
 使用方法はいたって簡単。お手持ちのiPhoneにアプリをダウンロードすれば、異界をのぞくカメラに早変わり。「南千住と隅田川」の異界をのぞくカメラに早変わり。画面上に表示される異界地図を見ながら、伝承スポットを探してください。ただし、「ながら歩き」は危険ですのでくれぐれもご注意を。スポットに近づくとiPhoneが何かの気配を察知してブルブルと震え出します。画面上に「異界照覧」が出たら異界への窓が開いた合図です。まずはその場所をめぐる物語をお読みください。一通り読み終わったら、ついに「異界の窓」が開きます。その場にまつわる伝承の絵と風景を組み合わせて、自分だけの妖怪絵巻を撮影できます。場所によっては異界の音を聞くこともできます。
今回公開するアプリはまだ完成ではありません。今後数年を掛け「小さな物語」を紡ぎ出して、アプリに反映させていきます。また、英語、中国語など複数の言語にも対応させます。
とは言え、これもまた一つの道具に過ぎません。そこで目にし、耳にした物語を次の世代に伝えていけるどうかは、まさに一人ひとりの心がけにかかっています。異界をのぞいたその後は、今のまちにも思いをめぐらせてみてください。

アプリ情報/言語 日本語、互換性 iOS 7.0以降。iPhone、iPod Touch対応。iPhone 5に最適化済み。

ダウンロードはこちらから

sp_河童.tif

photo2.jpg photo3.jpg photo4.jpg

ギャラリーページへ